せどり

せどりに必須!keepaの始め方と使い方を丁寧に解説【せどり初心者必見】

悩んでいる人
せどりを始めたけど、みんな使ってるkeepaって何?どうやって使うの?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・keepaとは?
・keepaの登録の仕方
・keepaの見方
・プライスターでkeepaを使ってみよう
・keepaトラッキングの使い方
 

現在、せどりをしていく上で店舗でも電脳でもkeepaは必須のツールとなっております。 初心者の方はまずkeepaの理解が大切になりますので、今回の記事で学んでみてください。

keepaとは?

keepaとはAmazonの販売データを確認できるツールです。

代表的なところでは
・販売価格の推移(新品・中古)
・ランキングの推移(商品の売れ行き)
・出品者数の推移

がグラフで確認できます。

その商品がどれだけの価格で売れていて、どれだけの数が売れているか、というせどりの必須情報が確認できます。

※販売価格の推移だけであれば無料のままでも使用できますが、ランキングは有料でないと見れません。個人的にはkeepaは有料登録を強くオススメします。

リサーチツールのプライスターせどりすとプレミアムなどとは同じカテゴリではなく、データそのものと認識する方が良いを思います。

上記のようなリサーチツールとは連携することができます。 現状、まともにせどりに取り組むならkeepaは必須のツールです。

keepaの登録の仕方

それではkeepaの登録手順を解説していきます。

手順はかんたんですが、英語表記が多く、最初なんだかめんどくさそうですが、サクッと終わらしてしまいましょう。

まずはkeepaを開きます。

続いてアカウント登録をクリック!

ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力してアカウント登録をクリック。

登録メールアドレス宛に送られてきた認証メールをクリックすれば無料登録が完了です。

このままでは米国Amazon&英語表記になっているので、以下より修正しましょう。

右上の赤枠欄より、

①日本国旗を選んで日本語表記へ

②その下のAmazon locateより.jpを選びましょう

このような画面になればOKです。

この段階でも価格の推移は確認できます。

せっかくなのでちょっと見てみましょうか!

スマホロトムで検索すると、

このように折れ線の色ごとに

kepaグラフの見方


青線➡︎新品価格
黒線➡︎中古価格
オレンジ線➡︎Amazon価格

を表します。

ちょっとこのままだとグラフが見づらいので、中古の線を消しましょう。

このように不要な線を消したり、再表示させることができます。

上記を見ると新品では高音で12,000円を記録、直近は落ちてきたかなという感じですね!

Amazonがいるときは10,000円で出品してきていることもわかります。

このように価格推移を見ることでその商品がいくらで売れているか(いくら利益が取れるか?)が分かるのです。

続いて、有料登録の方法を解説していきます。

右上のアカウント名をクリックして、その中のサブスクリプションをクリックします。

この辺から分かりづらいですよね。

真ん中のボタンをクリックします。

keepaの利用料金は15€になります。 いくらやねん!って思った方、大体1,870円ぐらいです。

続いて個人情報入力します。

なぜかここが英語表記でめんどくさいですが、翻訳しているので以下を見ればかんたんです。

subscribe nowをクリックすれば完了です!

うしじまくん
これであなたもkeepaデビュー!!!

 

keepaの見方

 

ではここから有料会員しか見れないkeepaのグラフを見ていきましょう!  

有料会員になると、上記のように「ランキング」と「出品者数の推移」が確認できるようになります。

ポイント

☑︎ランキングの見方➡︎折れ線が落ちた時が商品が売れた時!基本的には波形が激しくバキバキなっていれば売れ行きが良い。
☑︎出品者数➡︎直近で増えている場合は値下がりに注意!全国セールなどの可能性あり!  

スマホロトムの場合はランキング上位すぎてあまり参考になりませんが、まずは上記認識でランキング(売れ行き)と出品者数の増加を必ずチェックしましょう。

ロトムで言うとクリスマス商戦に向けて出品者が非常に増えてきている状況です。

ランキング超上位かつクリスマス需要なのでこの商品が価格落ちるかは現段階では読めませんが、上記のような出品者の増え方は基本的には危険なサインです。

このようにキーパグラフを見ることで「商品の販売価格(利益額)」「商品のランキング(回転数)」「出品者数(供給量)」が分かるのです。

あれ?ここまで分かって仕入れるのって勝ちゲーじゃないですか??

このようにせどりは非常に勝率が高い状況で仕入れることができるのです。

ちょっと宣伝

ここまでで既にせどりにチャレンジしてみたくなった方は、うしじまくんの「せどりスタートアップマニュアル」をぜひみてみてください。始め方と店舗別の攻略法を紹介してます。 「せどりスタートアップマニュアル(店舗別攻略法付き)」はこちらから!

 

プライスターでkeepaを使ってみよう

最初に書いた通り、keepaはあくまでデータであってリサーチツールではありません。

プライスター やせどりすとプレミアムと言ったリサーチツールと連携して商品リサーチで活用できます。

リサーチツールはせどり必須になります。

プライスターせどりすとプレミアムを推奨しますが、今回はプライスターで解説していきます。

せどり必須のリサーチツールプライスターの登録はこちらから まずはプライスターアプリを開いてバーコードから商品を読み込みます。

プライスター自体の使い方は下記記事を参照ください。

 

例えばこの商品、仕入れ値が7500円でした。

プライスターの画面から見ると新品でAmazon価格が15,900円なので手数料引いてもかなり利益が取れそうです。

プライスターはデフォルトでプライスターリサーチと言う機能が入っており、直感的に売れ行きが把握できます。

この商品は売れ行きレベル6なので回転数は良さそうですね。

しかしここで注意が必要です。

注意

プライスターリサーチでは現在の価格で売れた実績があるかどうか分からない!

どう言うことかと言うと、上記の商品が実は7,000円でずっと売れてて、7,000円の出品がなくなり偶然今の最低価格が15,900円まで上がっている場合もあるのです。

その場合はこの販売価格での利益判断は危険です。 ここでkeepaをみてみましょう!

 

プライスターアプリのkeepaボタンを押してみましょう!  

 

こんな感じの価格推移です。

なんとなくそこそこの価格では売れてそうですね。

しかし、あなたは有料会員です。

ログインしてランキングを確かめましょう。

ログインをクリック。

このようにランキングが表示されるようになりました。

波形もかなり動いているの売れ行きもよく、14000〜15000ぐらいで売れてそうですね!

ちなみにプライスターは最初のプライスターリサーチとkeepaリサーチを設定で追加分けれるので、keepaを標準にした場合は読み込みの段階で以下のような画面になります。

一度プライスター画面でkeepaログインしてしまえば、毎回ログインする必要はありません。

このようにプライスターと連携してリサーチ時にデータを確認することでより正確な仕入れ判断をすることができます。

まだプライスターを登録していない方は下記よりどうぞ

せどり必須のリサーチツールプライスターの登録はこちらから

 

keepaのトラッキングの見方

続いてkeepaのトラッキング機能の紹介です。 初心者の方は「こんな機能もあるんだ〜」ぐらいでOKです トラッキングとはkeepaの機能の1つです。

簡単に言えば、「指定商品が安くなった時に通知が来る機能」です。

keepa画面の上記の赤枠部分をクリックすることで設定できます。

トラッキング機能とは、トラッキング商品の価格が設定した金額以下になった際に通知を受け取れる機能です。

①グラフ上部の「商品のトラッキング」(赤枠)タブをクリック ②Amazon販売、新品、中古の3つに価格設定ができます。基本的にはAmazonと新品に設定する場合が多いかと思います。 ③次にトラッキングする期間を選びます。 ④最後に「トラッキング開始」をクリックすれば完了です。

上記であれば14,000円以下で販売された瞬間に通知がくるようになります。

ちなみに通知メールはこんな感じ

このように通知が来るので、安くなったタイミングで商品を買って、元の高値で売る(Amazonで仕入れて、Amazonで売る)ことが出来るのです。 

トラッキングで狙うべき商品

トラッキングで狙うべき商品は、keepaのグラフみて価格の高低差が激しい商品(新品価格のグラフの上下が大きく、頻繁な商品)になります。

例えばこんな商品

 

上のグラフの紫のグラフみて貰えば分かりますが、新品価格の上下がすごいですよね。 この商品は高値14,000円、安値10,000円で価格が頻繁に変動しているので、トラッキングしておき、10,000円の時に仕入れれば、それ14,000円で販売することで利益が取れる商品なのです。

上記のような商品や、Amazonが復活➡︎在庫切れを繰り返しているような商品は狙い目です。 これを刈り取りと言います。

また、稀にですが、出品者が価格改定を誤って安値で出した商品などもトラッキングに引っかかるので仕入れれてしまうこともあるかもしれません。

トラッキングはスピード勝負

上記のような商品は同じくトラッキングしている人が他にもいます。 人気の商品だと通知が来た瞬間開いても既に買われてしまっている場合があります。

トラッキングに限らず電脳の世界はスピード勝負なので、慌てず急いで行動しましょう。

拡張機能にkeepaを設定しよう

keepaはChromeの拡張機能に設定することでAmazon画面でも反映させることができます。

 

Chromeの検索でkeepaと検索して、上記のページから拡張機能に追加と設定するだけです。

するとAmazonの商品ページを開いた時に、

 

このようにkeepaが表示されるようになります。

Amazon画面からリサーチ、トラッキングが出来るので非常に便利ですよ。

まとめ:せどりにkeepaは必須!まずは見方を覚えよう!

今回はせどりに必須のkeepaの始め方から見方を紹介しました。

初心者の方はまずはkeepaの理解が大切です。

keepaを導入して、プライスターをダウンロードすれば、もう店舗で仕入れできます!

より正確な仕入れ判断を行うことでせどりは勝ちゲーになります。

ぜひ稼いでいきましょう!  

初心者必見、スタートアップマニュアルはこちらから↓

せどりスタートアップマニュアル&店舗別攻略法【月5万稼ぐ】

せどりに必須のリサーチツールプライスターはこちらから

せどりオンラインサロンせどらぼはこちらから↓

オンラインサロン「せどラボ」入会ガイド  

それではlets継続!!パンダブログでしたー🐼

-せどり

© 2021 ふくぎょう!ぱんだブログ Powered by AFFINGER5