副業ライフ

副業せどりを始めるときに必要な資金は?

こんにちは!うしじまです!

今日は副業せどりを始めるときに必要な資金に関して解説していきます。

今回は仕入れ資金ではなく、必要、または早めに投資すべきツールに関して紹介していきます。

せどりを始めるときに必要な資金一覧

では、せどりを始めるにあたってお金を投入すべきツール類を下記します。
メルカリ販路などであれば、下記を使わずとも転売はできますが、せどりでしっかり収益をあげたい人は早い段階での下記の導入を強くオススメします。

・Amazon大口契約(月額4,900円)▶︎ほぼ必須
・keepa(月額2,000円弱)▶︎ほぼ必須
・せどりすとプレミアム(初月10,000円、その後月額5,000円)orプライスター(初月無料、月額4,800円)▶︎ほぼ必須
・ビーム(新品30,000円/フリマサイト15,000円程度)▶︎資金余裕あれば

Amazon大口契約(月額4,900円)▶︎ほぼ必須

Amazonで商品を販売するには2つの契約形態があります。
違いは下記の通り、

参照:Amazon出品サービス「大口出品と小口出品の違い」
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

ポイントは大口は無条件で4,900円かかってくる、小口は売った個数×100円かかるという点です。
どちらもFBAは使用できます。

最初始めるときには小口か大口か非常に悩みます。
資金に余裕がなければ小口からスタートも全然ありだと思います。
しかしながら私は下記の理由より大口を強くオススメします。

・せどりすとプレミアムやプライスター など主要リサーチアプリは大口登録で無いと連携できない。
・小口→大口がいつでも簡単に切り替えれる訳では無い。
・大口の方が売れやすい。

せどりすとプレミアムやプライスター など主要リサーチアプリは大口登録で無いと連携できない。

上記の通り、主要なリサーチツールにはAmazonのセラーアカウントと連携する機能が備わっており、大口でなければ連携ができません。せっかく、リサーチアプリをダウンロードしても小口のままでは機能的には十分に使いきれない形になってしまいます。

小口→大口がいつでも簡単に切り替えられる訳では無い。

小口から大口への切り替えは通常であれば数クリックで簡単に終わります。しかしながら今年の2月ごろは一時的に切り替えが不可な期間になってました。また最近では、小口→大口へ切り替えが少し複雑になったとの噂も聞いてます。
何が言いたいかというと自分が大口に切り替えたいタイミングで簡単に切り替えられない可能性があるのです。
最初から大口であればその心配はありません。

大口の方が売れやすい

上記の表にもある通り、大口は様々な決済手段に対応しており、カートが取れるので、小口に比べると売れやすくなります。

keepa(月額2,000円弱)▶︎ほぼ必須

次にkeepaです。
keepはただのリサーチツールではありません。拡張機能としてChromeに登録することでAmazonの画面にも反映されますし、せどリストやプライスター他のリサーチツールもkeepaを表示させることで本領を発揮します。


画面としてはこんな感じ、

詳細説明はまた別の記事で書きますが、要は商品の価格、ランキング、出品者数がグラフ化されて一目で分かります。
keepaの情報を読み込むことで、より正確な仕入れ判断につながるのです。

その他にもkeepa有料会員はキーゾンというより見やすいグラフも使えますし、トラッキングというAmazonの刈り取り機能も使えます。
keepaは学ぼうと思えば奥の深い優良なツールになりますので、現状では必須と考えてください。

せどりすとプレミアム(初月10,000円、その後月額5,000円)
orプライスター(初月無料、月額4,800円)▶︎ほぼ必須


続いてリサーチツールです。ものレートという無料ツールが消えた今、様々なリサーチツールが乱立しておりますが、筆者は「せどりすとプレミアム」か「プライスター」どちらかをオススメします。

・せどリストプレミアム:仕入れツールとしてはプライスターよりオススメ、ビームとの連携、音声読み上げ対応もあり。


・プライスター:仕入れや粗利の管理、プライスター便など販売管理の機能も充実、リサーチツールとしてもオリジナルのプライスターリサーチやkeepa連携が使える。

https://pricetar.com/entry/afi/?afi_id=11058

いずれでも良いですが、ものレートの無くなった今、リサーチツールも必須と言えます。
どちらも優良ツールなので、まずがどちらか使いましょう。

ビーム(新品30,000円/フリマサイト15,000円程度)▶︎資金余裕あれば

最後にビームです。
ビームは圧倒的なリサーチの効率化を測れるので、ぜひ早めの購入をオススメします。

ただリサーチアプリでもバーコードは読み込めますので、資金に余裕がないときは稼いでから買っても全然OKです。

ビームの詳細は当ブログの「せどりにビームは必要?」記事をご参照ください。

それではかけるべきものには投資して、早い段階から効率よく、せどりで稼いでいきましょう!!
COWCOWせどり!!!

-副業ライフ

© 2021 ふくぎょう!ぱんだブログ【月5万円稼ぐ】 Powered by AFFINGER5