せどり

プライスターはいらない?できること&かかる費用から徹底考察!【悩んでいる人必見】

悩んでいる人
せどりを始めたけど、プライスターって必要なの?ツールを使うか悩んでます。できることやかかる費用を教えて欲しい

 

こんな悩みを解決します。  

 

本記事の内容

プライスターはいらない?せどりにかかる費用から考える

・せどりツールの必要性【プライスター/せどりすとプレミアム】

・プライスターでできること【リサーチ/価格改定/keepa連携】

・結論、プライスターを1ヶ月無料で使ってみよう

 

実際にせどりをしていて、プライスターもせどりすとプレミアムも両方使っているうしじまくんが解説していきます。

 

それでは早速いきましょう!

 

「いますぐ1ヶ月無料で試したい!」という方は以下の公式ページより登録しましょう。

 

プライスター公式ページ

 

プライスターはいらない?せどりにかかる費用から考えてみた!

プライスターはいらない?せどりにかかる費用から考えてみた!

 

まずはせどりにいくらかかるのか? 理解する必要があります。

 

低資金で始めることのできる副業せどりですが、年間で見ると必要な固定費がかなりかかってきます。

 

自分だとこんな感じ↓

せどりにかかる費用

☑︎Amazon出品料:4,900円/月
☑︎プライスター:4,800円/月
☑︎せどりすとプレミアム:5,500円/月
☑︎keepa:1,800円/月

合計:17,000円/月

 

毎月、出品料とツール代で17,000円かかっております。

 

年間だと20万円ほどになります。

 

せどりはしっかり取り組めば上記ぐらいの費用はペイできますが、それでも大きな経費と言えます。

 

上記の20万円のうち12万円はせどりツール(プライスター・せどりすとプレミアム)に使っていることになります。

 

では、実際にせどりツールは必要なのでしょうか?

せどりツールの必要性【プライスター/せどりすとプレミアム】

せどりツールの必要性【プライスター/せどりすとプレミアム】

 

せどりを取り組む上でツールは必要なのでしょうか。

 

結論、初心者にとっては

 

「必要です。が、1つで良い」

 

と考えます。

 

必要な理由は、

・リサーチするときの仕入れ判断に必須

・せどりの効率化(出品・納品・価格改定etc)につながる

ことが最大の理由ですね。

 

ただし、最初から2つ以上使う必要はないと考えます。

 

個人的にはリサーチでの活用率で言うと、

 

せどりすとプレミアムプライスター

 

ですが、出品や在庫管理、価格改定などの販売関連では

 

せどりすとプレミアム<<プライスター だと感じます。

 

私はせどりすとプレミアムプライスターも両方使っていますが、初心者オススメは総合的にバランスよく使いやすいプライスターをオススメします。

※keepaはツールとしては見てません。必須と考えます。

 

keepaに関してより詳しく知りたい方は↓の記事も合わせてご参照ください。

 

 

プライスターでできること【リサーチ/価格改定/keepa連携】

プライスターでできること

 

では、プライスターを使うことで実際にどんなメリットがあるのか?どんな機能があるのか? 見ていきましょう。

 

プライスターを導入するメリット

✅リサーチスピードが早い
✅仕入れ判断が直感的で分かりやすい
✅毎月の粗利額や在庫金額などAmazonセラー画面では分かりにくい内容が一目で分かる
✅出品した商品を状態や配送形態に応じての価格改定を自動でしてくれる
✅利益額や仕入額がひと目で分かるので、自分で計算しなくても済む
✅出品がめちゃくちゃ簡単になる
✅仕入れ時にその場でスマホで出品登録ができる
✅売れたときに通知が来て嬉しい  



どんな人にオススメ?

✅これからせどりを始める人
✅副業のため、納品作業や利益計算、価格改定に時間をかけたくない人
✅せどりを始めて稼ぎ出してきたので、さらにここから稼ぎを増やしたい人
✅売れた通知が出てくるのが嬉しい人  

 

機能①プライスターのでリサーチ方法

 

まず、商品を見つけたらバーコードで読み込みます。

 

画像3

 

 

画像2

 

まずアプリでこの商品スキャン画面を開きます。 そしてバーコードを読み込みます。

 

画像2

 

するとこの画面が出てきます。

この画面で商品の価格と売れ行きの判断できます。

 

上記であれば

・販売(最低)価格:2,682円

・入金額:1,870円(FBA使用時)
※販売価格から手数料を引いた利益額

・売れ行き:9レベル
※10段階で10が最速。商品の回転数を示す。

 

  このように一目で商品の利益と売れ行きが判断できます。 例えばこの商品が1,000円で仕入れることができれば、利益870円で早めに売れていく可能性が高いと予想できますね。

 

プライスターの出品機能

そして実は店舗にいながら出品作業ができるのです。



こんな時ないですか?



出品時の無駄な作業・困りごと

☑︎家で出品する時、レシートが見つからず仕入れ価格がわからなくなる。
☑︎仕入れいっぱいしてきたけど出品作業がめんどくさい。
☑︎Amazonセラー画面での出品登録がめんどくさい。

 

ありますよね。プライスターを使えば仕入れのその場で出品作業が出来ます。すごく効率的です。

 

画像9

 

先ほどのリサーチ時の出品画面からなんと出品登録完了できます。

 

上記の通り、分かりやすく入力することが出来ます。

 

嬉しい機能として、コンディションごとのコンディション説明文を設定すること出来るのです。

 

例えば私の場合、「中古品(良い)」を選ぶと下記のコンディション説明文が自動で入力されます。

 

画像9

  上記のようにテンプレートで入力しておくと出品作業も一瞬で完了します。

 

「出品内容について」が入力終われば次に「価格について」の入力です。



ここでもプライスター独自の便利機能が使えます。



プライスターの便利機能

✅価格追従モード
✅高値ストッパー
✅赤字ストッパー
✅仕入れ価格入力  

 

価格追従モードでは、下記のようにFBAや自己発送、状態に合わせて価格を自動で変えてくれる機能です。

 

画像11

 

今までAmazonセラー画面の在庫一覧から時間をかけて行っていた価格改定を自動でしてくれます。

 

ただし、価格合わせを無制限にしていると安くなりすぎたり、高くなりすぎたりの危険性が生まれるので、赤字ストッパーと高値ストッパーで上下限額の設定をしましょう。

 

画像10

 

出品作業をスマホで簡単に出来るので、出品作業時間が大幅に短縮されます。  

 

プライスターで販売管理

 

プライスターでは月次での売上や利益、在庫状況を一目で把握することが出来ます。 プライスターアプリの売上集計を開いてみましょう。  

 

画像12

 

アプリで開くとこのように売上、仕入額、利益額などの情報が一目で確認できます。

 

スクリーンショット 2020-07-26 18.59.51

 

PC版だとこのようにさらに詳細なグラフが出てきます。 これまでエクセル計算してきた人も多いのではないでしょうか?

 

プライスターを使うことで日々の売上、利益、在庫管理が効率化を図れます。

嬉しい販売通知

 

プライスターを使っているとFBAの商品が売れた時も販売通知が出てきます。

 

画像14

 

「売れました!」だと、複数在庫ある商品が1つ売れたことを表します。

 

「完売しました!」だと商品が全て売れ切ったことを教えてくれます。

 

せどりをやっているとこの通知が嬉しくてたまらないですね!

 

プライスターの登録はこちらからどうぞ

 

keepaとの連携でより正確な仕入れ判断

 

プライスターには売れ行きの表示方法が2種類あります。

 

①プライスターリサーチ
②keepaリサーチ

 

①プライスターリサーチ画面

 

②keepaリサーチ

 

標準だとプライスターリサーチです。

 

「ユーザー」→「リサーチ機能」のところから簡単に切り替えることができます。

 

 

初心者の方はプライスターリサーチの方が直感的に見やすいので良いと思いますが、せどりで稼いでいくためには必ずkeepaリサーチを使いましょう!

 

keepaに関してより詳しく知りたい方は↓の記事も合わせてご参照ください。

せどりに必須!keepaの始め方と使い方を丁寧に解説【せどり初心者必見】

 

  キーパリサーチを使う理由と見方を解説します。  

 

  例えばこの商品、仕入れ値が7500円でした。

 

プライスターの画面から見ると新品でAmazon価格が15,900円なので手数料引いてもかなり利益が取れそうです。

 

この商品は売れ行きレベル6なので回転数は良さそうですね。

 

しかしここで注意が必要です。

 

注意

プライスターリサーチでは現在の価格で売れた実績があるかどうか分からない!

 

どういうことか説明すると、上記の商品が実は7,000円でずっと売れてて、7,000円の出品がなくなり、偶然今の最低価格15,900円まで上がっている場合もあるのです。

 

つまり15,900円で売れた実績はない可能性もあるのです。

 

その場合はこの販売価格での利益判断は危険です。 ここでkeepaをみてみましょう!  

 

 

 

プライスターアプリのkeepaボタンを押してみましょう!  

 

すると価格の推移と売れ筋が緑の折れ線で表示されます。

 

緑の折れ線が落ちた気が売れたときなので、14,000円や16,000円でもしっかり売れていることが分かりますね。

 

ちなみにプライスターは最初のプライスターリサーチとkeepaリサーチを設定で追加分けれるので、keepaを標準にした場合は読み込みの段階で以下のような画面になります。  

 

 

 

一度プライスター画面でkeepaログインしてしまえば、毎回ログインする必要はありません。

 

このようにkeepaと連携してリサーチ時にデータを確認することでより正確な仕入れ判断をすることができます。

 

プライスター公式ページはこちらから

今すぐ申し込む

※今なら30日間無料で使える!

keepaはこちらから  

 

おまけ:プライスターくんが可愛くて有能

こちらはおまけですが、プライスターにはプライスターくんというマスコットキャラクターがいます。

プライスターくんのTwitterアカウントはこちら

 

グッズやスタンプも大人気のせどり界隈のマスコットキャラクターです。

 

同じくせどり界隈のマスコットキャラを目指している某パンダにとっては憧れの存在ですね。

 

非常に可愛いキャラクターですが、可愛いだけでなく、Twitterなどで問合せやプライスターに関する疑問をツイートすると恐ろしいスピードで丁寧に教えてくれます。

 

中の人が大変優秀な、、、、、、おっと誰かきたみたいですね。

 

結論:1ヶ月無料で使ってみよう!

今回、プライスター はいらないのか?という題材でしたが、解説したように色々な機能があります。

 

そしてプライスターはかんたんに解約できるお試し期間が30日間あります。
※登録したタイミング次第では最大60日間

 

※プライスター公式ページより引用

 

なので、結論、無料で使ってみて「必要と感じたら継続利用」しましょう。

 

プライスター公式ページはこちらから

今すぐ申し込む

※今なら30日間無料で使える!

 

今回紹介した機能以外にも様々な機能がありますので、せどりで稼いでいくなら必須ツールだと個人的には思ってます。

 

せどりに興味ある方は以下も合わせてご参考ください。

 

初心者必見、店舗別の攻略法付きのせどりスタートアップマニュアル↓

せどりスタートアップマニュアル&店舗別攻略法【月5万稼ぐ】

 

それではlets継続!!パンダブログでしたー🐼

 

-せどり

© 2021 ふくぎょう!ぱんだブログ Powered by AFFINGER5