せどり

【2021年】Amazonせどりで必要なツール(アプリ)はこれでOK!〈店舗せどり〉

悩んでいる人
これからAmazonせどりに取り組みたいけど、必要なツールって何があるの?教えて欲しい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容 

・Amazonせどりに必要なツール(アプリ)7選
・まとめ:ツールがそろったら店舗に行こう!

今回はせどりを始めるにあたって、必要なツール(アプリ)をご紹介します。

せどり用のツールと言っても様々なものがあり、機能が似たもの多く存在します。

たくさんダウンロードしても初心者のうちはどれが必要でどう使えば良いか分からないと思います。

まして有料ツールであれば使わないようなツールをダウンロードしたくないですね。

なので今回は現役で店舗せどりで稼いでいるうしじまくんがこれだけあれば大丈夫!という最低限必要なツールを紹介します。

まずは必要なツールを揃えて店舗へ向かいましょう!

うしじまくん
今回は店舗せどりに必要なツールを紹介してるよ!

Amazonせどりに必要なツール(アプリ)7選

Amazon Sellerアプリ(無料)

必要レベル:

Amazon Sellerアプリはスマホでセラーセントラルの簡易操作ができるアプリです。

主に活用する機能は以下の通りです。

Amazon Sellerアプリでできること

☑︎売上確認

☑︎出品登録

☑︎価格改定

☑︎メッセージ管理

☑︎出品規制の確認

特にカスタマーのメッセージ管理や出品規制の確認など重要な役割を果たすアプリでせどりをしている人なら全員使っていると言っても過言ではないでしょう。

出品規制の確認方法

他の機能は使いながらすぐに理解できると思いますので、今回は出品規制の確認方法を紹介します。

出品規制とは

メーカーやブランドによっては新規セラーは解除の手続きをしていないと出品自体ができないこと。
新規セラーが出せないメーカー例:Panasonic・SONY・Buffalo・バンダイ・タカラトミーetc....

初心者のうちは上記の出品規制によって仕入れても商品を出品できない場合があります。

そのような商品を仕入れてしまうと「返品」や「フリマサイトで販売」などの対応をしないといけなくなります。

しかし、Amazon sellerアプリを使うことで購入前に店舗で出品規制に該当する商品かどうか調べることができます。

【出品規制の確認方法】

まず、Amazonsellerアプリの右上のカメラマークをクリック。

商品のバーコードを読み込みます。

商品を読み込んだときに「Requires Approval」とマークが出たら出品規制がかかっています。

メーカーによっては手続きなしでワンクリックでそのまま解除できる場合もありますが、基本的にはこのマークのついている商品は現時点では出品できません。

初心者のうちは自分が仕入れる商品が出品できるか必ず購入前に確認していきましょう。

Amazonショッピングアプリ(無料)

必要レベル:

続いてはAmazonのショッピングアプリです。

リサーチの際に必ず使うわけではないですが、現在の出品者の状況やキーワード検索など色々と使う場面の多いアプリです。

無料のアプリですし、そもそもAmazonせどりをしようと思う人は大体Amazonのショッピングアカウントも持っていると思いますので入れておいて損はないですね。

ロケスマ(無料)

必要レベル:

ロケスマは地図上でいきたい店舗のある場所を分かりやすく表示してくれるアプリです。

「ブックオフ」などの具体的な店舗名から「家電量販店」などの店舗ジャンルでも調べることができて、仕入れのルート決めに役立ちます。

画面はこんな感じ↓

地図上にピンが刺さって自分の周りにどんな店舗があるのか一目瞭然で使いやすいアプリです。

こちらも無料アプリなので必須でダウンロードしておきましょう。

keepa(無料Verと有料Verあり)

必要レベル:

ダウンロードはこちらから

・Keepa登録用 https://keepa.com/#!

keepaとはAmazonの販売データを確認できるツールです。

代表的なところでは
・販売価格の推移(新品・中古)
・ランキングの推移(商品の売れ行き)
・出品者数の推移 等

がグラフで確認できます。

その商品がどれだけの価格で売れていて、どれだけの数が売れているか、というせどりの必須情報が確認できます。

※販売価格の推移だけであれば無料のままでも使用できますが、ランキングは有料でないと見れません。

有料版Keepaは月額約1,800円かかりますが、店舗せどりでも電脳せどりでも必須のツールとなっているので、初心者の方でもkeepaは有料で使用することを強くおすすめします。

Keepaを正しく見れることがせどりで稼ぐために一番大切と言っても過言ではないほど、Keepaは重要なツールと言えます。

Keepaに関しては以下の記事で導入方法から見方までくわしく解説しているのでぜひご覧ください。

関連記事
【簡単】keepaの始め方と使い方を分かりやすく解説!【せどり初心者必見】

続きを見る

プライスター(有料)

必要レベル:

ダウンロードはこちらから

・プライスター登録用 プライスター公式ページ

プライスターは「店舗でのリサーチ」や「在庫管理・納品・販売管理」などリサーチツールでありながらマルチに使えるせどり専門ツールです。

Twitterで実施したアンケートでも1番多くの人にメインツールとして使用されていました。

導入のメリットは下記の通りです。

プライスターを導入するメリット

✅リサーチスピードが早い
✅仕入れ判断が直感的で分かりやすい
✅毎月の粗利額や在庫金額などAmazonセラー画面では分かりにくい内容が一目で分かる
✅出品した商品を状態や配送形態に応じての価格改定を自動でしてくれる
✅利益額や仕入額がひと目で分かるので、自分で計算しなくても済む
✅出品がめちゃくちゃ簡単になる
✅仕入れ時にその場でスマホで出品登録ができる
✅売れたときに通知が来て嬉しい  

プライスターに関しての詳細は以下記事をご覧ください。

関連記事
【せどり】プライスターはいらない?できること&かかる費用から徹底考察!

続きを見る

プライスターも月額有料のツールですが、30日間は無料で使えるので、まずは1ヶ月無料で使用してみることをオススメします。

プライスター公式ページはこちらから

今すぐ使ってみる

※今なら30日間無料で使える!

せどりすとプレミアム(有料)

必要レベル:

ダウンロードはこちらから

・せどりすとプレミアム登録用 せどりすとプレミアム公式ページ

せどりすとプレミアムはプライスター同様のリサーチをメイン機能にしたせどり用ツールです。

プライスターと比べるとリサーチ能力に特化しており、中級者から上級者が愛用しているイメージですね。

非常に優れたツールですが、初月からの費用負担が10,000円かかる点からある程度稼げ出してからの導入をオススメします。

メルカリ・ヤフオク(無料)

必要レベル:

Amazonせどりと言えどメルカリ・ヤフオクのアプリはダウンロードしておきましょう。

Amazon上にカタログがない商品やAmazonでは出品できない商品などを売る際に別販路として活躍できます。

メルカリには出品規制や真贋調査がないという強みがありますね。

ヤフオクも同じく、中古品のジャンルによってはヤフオクの方が高く売れやすい商品も多くありますし、ヤフオクはオークション形式なので一円出品することでキャッシュフローを考えずに商品を売却できるという特性もあります。

まとめ:ツールがそろったら店舗へ行こう!

上記のツールが揃えば早速店舗にいきましょう!

せどりは行動すれば稼げるビジネスです。

新品でも中古でもまずはリサーチを重ねることが大切です。

最初は色々とむずかしいところもありますが、すぐに利益商品が見つかるようになりますよ!

これからせどりを始める人向けにより詳しい始め方マニュアルと店舗別の攻略方法を解説していますのでぜひご覧ください↓

【2021年】月5万稼ぐ副業せどりの攻略本

あなたの人生が副業でより豊かになることを祈っております。

それではレッツ継続!!!

ふくぎょう!ぱんだブログでした〜🐼

-せどり

© 2021 内緒の副業図鑑【月5万円稼ぐ】 Powered by AFFINGER5